忍者ブログ
イテこます!ブログ雑記帳

2017.12.11 Mon 「 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009.06.15 Mon 「 車のデザインあれこれ雑談
最近、ふと思った事にクルマのデザインに関する事が多かったので、だらだらと羅列。

・「計画的陳腐化」というのは、あのGMが始めた事らしい。数年ごとにモデルチェンジを繰り返し、以前のデザインを計画的に陳腐化させ、新しい需要を喚起する。今やクルマに限らず当たり前の事だが、これを最初に車に取り入れたのは非常に頭が良い。

・とはいえ、今GMは事実上の倒産状態に陥っている。その話の中で出ているGMの弱みの「小型車」について、これからその戦略上重要な位置を占めるであろう会社の名前として韓国の「大宇」と「スズキ」の名前が挙がっている。これら企業がデザインするクルマに「シボレー」のマークが付いていたとして、果たして魅力があるだろうか?(MWやクルーズみたいな)

・アメリカで作られる小型車のデザインの可能性として魅力を感じるのがフォードの「フォーカスST]。比較的小型な車格の中に上手い具合にアメリカ車のいかつさ、ごつさが表現されているように思う。いつのまにか「ビッグスリーの経営危機」からフォードの名前が消えたのも頷ける。こういったデザイン的な魅力が「大宇」や「スズキ」から生まれてくるとは思わないし、またアメリカ車が欲しいと思う層が、果たして「大宇」や「スズキ」のデザインを好むとも思わない。ある程度のベースデザインがあってそれにアメリカのデザイナーが小手先の修正を加えるというだけでは、良いデザインにはならない気がする。

・レクサスの車が街中を走っていて、「高いんだろうなぁ」とは思っても、「欲しいなぁ」とは思わされない。「なんでだろう・・・。」と考えてみた結論が、「トヨタ車とのデザインの違いが顕著でない」という事。ほとんど同じと言って良い。日本にいる以上、外見からレクサスには魅力を感じる事がなかなか出来ない。いくら内装や塗装が上級であったとしても、それならば外見的にも日本車と比べて際立っているドイツ車を選択する気がする。特にこれら高級車を買えるような層は。レクサスは果たして成功しているんだろうか・・・。

・デザインの計画的陳腐化というのを考えてみた時、一番陳腐化が激しいのが「トヨタ」、「ホンダ」、「マツダ」の車であるように感じる。これは企業としては目論み通りであって、とても素晴らしい事でありデザイン力の証明でもあるんだろうけれど、ユーザーにとってみると自分の車のデザインがすぐに陳腐化してしまうというのは、必ずしも嬉しい事ではないように思う。特にこれだけ、お金に余裕が無い時代の場合は。逆にあまり陳腐化を感じないのが、「三菱」や「スバル」。私自身はマイカーを選ぶ時、なるべくデザインが経年劣化しない、ある意味普遍性があるものを選ぶよう心がけている。

・よく言われる「乗っている人間に運転している車の姿は見えないんだから、デザインなんてどれでも一緒」という意見があるが、車にデザイン性も求めるのは一重に自己顕示欲に他ならない訳で、それはあたかも「自分の顔なんて自分では普段見えないんだから、どんな顔でも一緒」と言っているのに等しい気がする。所有し、自己顕示する欲を満たす中にデザインは確実に真ん中に存在する。

・個人的に新しいマツダ「アクセラ」のデザインは好きかも・・・(プジョーに似てるけど)。でもすぐに陳腐化するかもしれない・・・。それってモロに企業の術中にはまってる気がする。(私個人としては、普段あまりマツダの車を好んでいません。悪しからず。)

「コンビニ店長のためのPOP駆け込み寺」
http://itecommerce.nakamauchi.com

PR
COMMENTS
SUBJECT
NAME
EMAIL
URL
編集用パスワード
COMMENTVodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

TRACKBACKS
トラックバックURL
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
tetsu
性別:
非公開
RSS
ブログ内検索
アーカイブ
アクセス解析
コガネモチ