忍者ブログ
イテこます!ブログ雑記帳

2017.10.24 Tue 「 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008.08.26 Tue 「 次はロンドン!雑談
北京オリンピックが終了した。とても楽しめた。結果の出た競技、出なかった競技、どれも楽しめた。残念な結果に終わったものも多々あるが、それも含めてのスポーツだと思う。北島康介選手や朝原宣治選手の姿は見ていてとても清清しく、感動を貰った。ほんと良かったなぁと思わされた。その一方で、結果の出なかった競技も数多くあるのも事実。メダリストを持ち上げるだけ持ち上げる、マスコミの偏重報道に対する違和感はここでは置いておくとして、野球を始め結果が出せなかったものに対して、批判の声がネット中心にとても多く上がっているのを見るととても違和感を感じ、悲しくなる。

これを言うと考え方が甘いとの批判があるのだろうが、出る事が既に素晴らしいと思う。なぜもっと気負いを取り去る形で送り出せないのか・・・。日本の選手を見ているともう言いようのない悲壮感が漂っているように感じる。ある意味戦場に赴く兵士の様相・・・。曰く、それぐらいの気概がないとオリンピックでは勝てない!とのことだろうが、正直なところ選手には有難迷惑な話だろう。日本代表じゃなくオリンピックに出場すれば結果を残せた選手がどれだけいただろうかと思う。スポンサーの問題、練習環境の問題などなど、日本国の恩恵を受けながらスポーツに勤しんでいるのだから、日本代表として行くのは当然といえば当然かもしれない。だがそんなもの、周りからあれこれ言われなくても本人は既に自覚しているはず。「余計なプレッシャーかけんなよ。言われなくても分かってるよ」ってところじゃないだろうか。

結果を残せているのは、プレッシャーを力に変えることができる、強靭な精神力の持ち主、もしくはプレッシャーをプレッシャーと感じずプレー出来る素晴らしい精神力の持ち主。大多数の日本人の平均的な精神力はここに当てはまらない気がする。そして大多数の日本代表選手もまた然りなのではないだろうか。普段は勿論一個人として競技を行っているのだから、その普段と同じ精神状態でプレーをさせてあげたい、そう思わずにはいられない。そこで結果を出せているだけでも既に凡人以上のものを持ち合わせているのだから。でも、これまた多くの日本人的感覚として、勝手に空気を読んで、勝手に期待を背負い込んでしまうかも・・・。精神構造の問題なのだろうか・・・。

むしろ本人の名誉欲のために結果を残そうとしても構わないのではないか?と思う。国はそれに乗っかって国威発揚をし、日本を世界にアピールすれば良い。勝手に乗っかるのだから、国が支援するのは当然。大選手団を送り込んでる時点で、世界に対して日本を十分アピール出来ている。日本は旗手=全代表選手というような国ではないのだから。今のように上から押さえつけ、期待を掛け過ぎるぐらいに掛けながら作るチームジャパンにするのではなくて、もっと創発的に個々の意志や努力が自然と同じ方向になるチームジャパンを形成できないだろうか。結果はやはり前もって期待するものではなく、出てきた形でしかないのだから・・・。本国に戻ってきてからある意味裁判があるスポーツなんて、スポーツの在り方としてどうかしてる。もっと頑張った選手達に賛辞を!





「コンビニ店長のためのPOP駆け込み寺」
http://itecommerce.nakamauchi.com

PR
COMMENTS
SUBJECT
NAME
EMAIL
URL
編集用パスワード
COMMENTVodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

TRACKBACKS
トラックバックURL
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
tetsu
性別:
非公開
RSS
ブログ内検索
アーカイブ
アクセス解析
コガネモチ